葬儀スタイル一覧

葬儀には、参列者の数や範囲により、直葬から一般葬まで様々なスタイルがあります。


一般葬をご検討の方

一般葬とは、参列者をごく親しい身内だけに限定せず、会社関係の方やご近所の方、地域の関係者など、故人にご縁の合った方たちに広く告知する葬儀を指します。
参列者の人数は100名以上になるケースも多く、それに見合う対応が必要になることも一般葬の特徴です。

弊社では一般葬であっても、様々なケースに対応できるようプランも充実させております。一般葬をお考えの際は、お問合せ、ご相談ください。

一般葬対応プランはこちら




家族葬をご検討の方

家族葬は、一般的に家族や親族、親しい友人・知人で見送る、参列者を限定した葬儀の形態を指します。つまり家族葬=小規模とは限りません。
数名の小規模なものから、100名規模の家族葬もあります。
一般葬と違って家族葬は、社交辞令的なご参列はご辞退する(または告知しない)というようにお考えいただくのが良いと思います。
家族葬にも向き不向きがございますので、弊社では、皆様のお考えに寄り添えるような様々なラインナップを取り揃えております。詳しくはお問合せ、ご相談ください。

家族葬対応プランはこちら




一日葬をご検討の方

一日葬とは、通夜を執り行わず、葬儀告別式だけを行うスタイルのことを指します(参集するのが一日だけなので一日葬といわれています)。遠方からのご参列、ご高齢の方に配慮したという考え方が一般的なようです。
ご遺族の身体的なご負担も軽減できるスタイルとなっておりますが、宗教や宗教家の考えによって一日葬が出来ないケースもございます。詳しくはお問合せ、ご相談ください。

一日葬対応プランはこちら




直葬をご検討の方

直葬とは、通夜・葬儀を行わないスタイルを指します。宗教家を招かないことが直葬ではありません。
基本的にお別れの時間が限られたり、儀式を執り行わないというところから、直葬を選択される際にはメリット・デメリットをよくお考えいただくことがポイントです。
弊社では「心安らぐ意義ある直葬」をコンセプトに、葬儀プランをご提供いたします。
詳しくはお問合せ、ご相談ください。

直葬対応プラン Oqurite はこちら