大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

葬儀の現場から

第142話「いつものように」

若いご夫婦が様々な理由で、まだ生後間もないお子さんを亡くされ、途方に暮れられていらっしゃる光景を何度となく目の当たりにしてきました。
お子さん、特にまだ故人様が赤ちゃんとなると、葬儀をどのようにしたらよいのか、本当に迷われるケースが多いものです。

葬儀社にもいろんなタイプの葬儀社がありますように、そこに従事するスタッフも様々です。
いろいろな葬儀のお手伝いをしてきた葬儀社であっても、対応に窮する場面はあるでしょうし、なかなかお客様の考えとマッチしない場合もでてきます。

そして、その中で一番怖いのは、「固定概念」なのかもしれません。

その若いご夫婦は、2人のお子さんを授かられましたが、そのうちの下のお子さんを事故で亡くされました。
ご夫婦は勿論のこと、そのご夫婦のご両親も、どうしたらよいものかと困惑されていらっしゃいました。
弊社へ連絡をくださいましたとき、ご主人様から、「取り敢えず資料が欲しい、資料だけいただければよいので」ということでした。

そこで、私はご自宅へ伺い、「参考にしてください、見ていただいて何か気になられましたら、いつでもご連絡ください」と資料をお手渡しして帰ろうとしましたら、
「すみません、ちょっと上がってもらえませんか?」と。

とにかくどうしたらよいのかわからないという雰囲気は強く伝わってまいりましたので、
敢えてゆっくりとご質問させていただきましたところ、お子さんは今、ご自宅や病院にいらっしゃるのではなく、警察署にいらっしゃるとのことで、赤ちゃんのお帰りは明日になるとのことでした。
そのお話から矢継ぎ早に「葬儀場はどこになるのですか?お坊さんは呼ばないといけませんよね。でも、そういうことは全然わからなくて…」
とおっしゃられました。

「そうですよね、お葬式と言えばそうお考えになるでしょうが、ちなみにお父さん、お母さんはどうしてあげたいですか?」と質問を投げかけてみました。

「どうしてあげたいかって?それが何も思い浮かばないんです…どうしてあげたらよいのか…」

「お父さんお母さんが、葬儀の会場を借りてお寺様にお読経をあげていただいて見送ることがお子さんにとってよいと思えばそうして差し上げたらよいと思います。
でも会場を借りずに、また読経がなかったとしても、お父さんお母さん、お祖父ちゃんお婆ちゃんにゆっくりと見送ってもらうことが一番うれしいと思うかもしれません。だから、ご両親がどうしてあげたいかが大事ではないかと思うのです」
というお話をしました。

「えっ、お葬式するのに会場を借りなくてもできるものなんですか?お寺さんがいなくてもよいのですか?そんなことできるならこの家から送ってあげたいですよ!」

私に電話口でお話しされたように、何社も葬儀社に問い合わせたところ、資料を持ってくるどころか、一方的に話し始め、お布施のことだとか、自分のところの会場が何人までは入れるだとか、そんな話ばかりされたそうで、あぁ、そういうもんなのかな…と思っていたところだったそうです。

確かに、現代の一般的なお葬式といえば、会場を借り、お寺様など宗教家を招き、通夜、葬儀をするというのが一般的な通念だとお思いますし、実際のご葬儀の大半はそうなります。
こういったご葬儀のすすめ方には、ちゃんとした意味や意義があるものです。だから、その意義を感じられるからこそ、そういったスタイルのお葬式を選ばれるご遺族がいらっしゃるのです。
しかし、すべてが全てのご遺族に当てはまるのかと言えば、決してそうではないでしょう。

このご葬儀は、いわゆる無宗教という形で、ご自宅でたくさんの可愛らしいお花と、買ってもらったばかりのたくさんのお人形やおもちゃに囲まれたなかで、いつもの家族が、いつものように赤ちゃんと戯れているような、そんなお葬式になりました。
このスタイルには、宗教家もいなければ、お焼香をするわけでもありません。
そこに意義を求めたのではなく、最後まで家で「いつものように」ゆっくりとできるというところに、意義を感じられたのです。

ご夫婦からも、自宅でこんな形で出来たことは本当に良かったと、おっしゃっていただけました。

いま思えば、このご夫婦に立ち会わせていただいたとき、私自身の経験が重なり、そのことで、このご夫婦にいろいろなご提案をさせていただけた気がするのです。

そんな、私自身の子供を見送ったという経験が、このご夫婦に何かしらのお手伝いができないものかと、私情的なものが全くなかったかと言えば嘘になるかもしれません。
ただし私は、子供だけでなく祖父母や父親も見送っています。ですから、故人様の年齢で何かしら差がでるなんてことはありません。

そういうことではなく、自身のいろいろな経験、そして今までご担当させていただいた、たくさんの故人様とのご縁、こういった経験を生かして、これからもご遺族と真剣に向き合い、接していくことで、ご遺族が「本当はこうしてあげたい!」というご葬儀に少しでも近づけていただけるのではないかと、ようやくお家に帰ってきたお子さんを、待ち焦がれて何とも言えない暖かい眼差しで迎えられていらっしゃったご両親の様子が、私のそんな気持ちを強くさせてくれた、そんなご葬儀でした。

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西 山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各 派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本 庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カ トリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗