大阪の老舗葬儀社 創業130余年 大阪の葬儀や家族葬のことなら、川上葬祭まで。
大阪市の生野区・天王寺区・北区・都島区・東成区での葬儀や、大阪公営斎場である北斎場や瓜破斎場、やすらぎ天空館での葬儀や家族葬。

経済産業大臣認可 第1784号 全日本葬祭業協同組合連合会 大阪市規格葬儀取扱指定店

ご葬儀のさまざまな知識

ご葬儀の前に知っておきたいこと

万一、喪主になったら

昨日まで仲良く平和に暮らしていた家族が、大切な方の訃報の知らせを聞き、一瞬にして遺族にかわる…。
この突然の衝撃に平常心でいられる方など、そうはいないと思います。
ましてや、喪主になるとなおさらです。なのに、巷にあるようなマナー本のように、あれこれマナーをお話ししても、実際にできるはずがありません。
ですから、私どもが『最低限これだけは』と、思うことだけをお話しいたします。

故人様の遺志をできる限り尊重する

主役(故人様)は何も出来ません。どんなお葬式になるかは、喪主様、ご遺族の気持ち次第です。人生最後の儀式ですから、故人様が望んでいたと思われる、その方らしい葬儀になるよう務めましょう。

服装は誰よりも格調高く

迎える側がお客様より格式高い服装をするのがマナーですから、喪主様はお通夜の席から正装をします。

お辞儀をされたら必ず答礼

挨拶は多くを語らなくても構いませんが、お辞儀をされたら、誰にでも必ず静かに答礼します。ただし、喪主様が弔問客を出迎えたり見送ったりはしないものです。

故人様と親しかった方への配慮

弔問客の方からご遺体との対面を申し出るのは不謹慎とされています。喪主様の方から「ぜひ、故人の顔を見てやって下さい」と言いましょう。

川上葬祭では葬儀に関する様々なご相談受付中です。お問い合わせは365日24時間対応 フリーダイヤル0120-420-441

川上葬祭で対応可能な宗教|天台宗、和宗、真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、その他真言宗各派、浄土宗、西山浄土宗、その他浄土宗各派、浄土真宗本願寺派、真宗大谷派、真宗高田派、真宗興正派、その他真宗各派、時宗、融通念仏宗、臨済宗、その他臨済宗各派、曹洞宗、黄檗宗、日蓮宗、法華宗各派、顯本法華宗、日蓮正宗、本門佛立宗、その他の日蓮宗各派、創価学会、立正佼成会、霊友会、妙道会、神社本庁、神道修成派、出雲大社教、扶桑教、その他の神道系、天理教、世界救世教、黒住教、円応教、金光教、PL教団、生長の家、幸福の科学、キリスト教カトリック、プロテスタント、その他のキリスト系、在日朝鮮、韓国式のご葬儀(儒教式)、曹渓宗